本文へ移動
群馬県地域密着型サービス連絡協議会
〒371-0843
前橋市新前橋町13-12
群馬県社会福祉総合センター 7F
TEL:027-289-0908
FAX:027-289-0909

会長あいさつ

会長あいさつ

地域で支えるためのステーション
安心して住めるまちづくり
群馬県地域密着型サービス連絡協議会      会長 恩田初男
 少子高齢化が進むなか、高齢化率を見ると2025年には30.3%、高齢者人口のピークである2040年では36.1%と推測されています。この劇的な高齢者の増加により既存の社会生活にも高齢者を念頭においたシステム構築が急務となっています。
このため高齢者支援の根幹を地域包括システムに置くことが決まりました。これは「団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現する」とされています。
 介護の観点からは、施設から「住み慣れた地域」で住み続けられることへ、介護の質から「自分らしい暮らし」を最後までと転換が求められています。地域密着サービス群への移行もこの一環と考えられます。地域密着型サービスの中心で重要な役割を果たすのが連絡協議会のメンバーあるグループホーム・小規模多機能・看護小規模多機能・認知症デイの事業所です。
当連絡協議会の会則にある通り、「地域で支えるためのステーションの役割を果たし、入居者、登録者が安心して住めるまちづくり」を展望して活動を進めたいと考えています。ぜひ参加・ご協力・ご理解を願いたいと思います。
TOPへ戻る